[ストレス]職場の人間関係に疲れて、解決方法が知りたい人に[悩み]

こんにちは、サクヤです。

「嫌われる勇気」のアドラー心理学でも言われていましたが、全ての悩みは人間関係から始まる。

と言われてるくらい、誰しもが悩むことのある人間関係の悩み。

今回は、「職場の人間関係」について苦しんでいて、これからどうしようか悩んでいる人に向けての記事になります。

スポンサーリンク

なぜ人間関係の悪化に繋がったかを考える。

まずは原因の方を考えていきましょう。

価値観の違い。

まずはなんとなく合わない、そんな時に考えられるのがこれじゃないかと思います。

特に先輩方との関係の中で感じたことがある方は、モヤモヤを抱えて仕事に勤しんでいるのではないでしょうか。

自分はこう思うのに…と思いながらも、納得のいかない仕事をしてる。これが相手にも伝わって雰囲気の悪い奴みたいに思われてる可能性がありますよね。

相手に原因がある場合。

それぞれ、自分が思う仕事の理念に沿って仕事をしていると思います。そして、基本的には何人かで関わり合いが出てしまうのが仕事ですよね。

つまり、それだけの数の仕事論にのっとてる方がいるわけですね。

たとえ話の一つですが…そんな中、Aさんの手伝いをしている中で書類が必要になったのでどこかを聞いたら、知らないからもらってきて欲しいと頼まれました。

それから、事務の方に受け取りにいきました。しかし、事務のBさんからの返答は「事前に渡しているんだから、しっかり探してきてよ」との返答だったので、それをAさんに伝えますよね。

しかし、Aさんに取ってきてと頼まれているわけだから当然「そんなものは知らない。自分は忙しいから、最後までやってくれ」と言われ、Bさんにまた貰える様に頼むしかなくなりますよね。

結局もらいに行っても「なんで管理もできないの」と小言を言われ、Aさんも「もらった記憶はない、任されたのなら最後までしてよ」と、何故か自分が仕事できないレッテルを貼られる。きっとこんなこともあると思います。

自分に原因がある場合。

これはわかりやすいですよね、自分のミスで誰かに迷惑をかけたりした事もあると思いますが、そんな時に関わった方との関係が悪くなる事もあると思います。

他にも、あまりに自分の仕事ができなさ過ぎて周りに負担をかけて迷惑をかけていたりするなど、給料は同じなのに仕事量が違うと思われた場合ですね。

こんな事で最初のうちは大丈夫だったけど、何回も重ねていくうちに関係が悪くなる事ありますよね。

人間関係を改善するには。

やはり仕事は他人と関わる以上、悪い関係性のままだと仕事にも影響が出ますし、何よりも職場の居心地が悪くて、職場に行きたくなくなりますよね

そうならないためにも、関係は良好でいられる工夫は必要だと思います。

自分を変える、改善する努力をする。

上で散々、他人のせいだと話しておいてアレですが、これもアドラー心理学の考え方の一つなのですが、結局全ては自分に原因があると考える事が必要だと言われています。

まずは自分のスキルアップがあるといいですね。仕事ができなくて関係が悪くなることはなくなります。

物事の受け取り方も、自分の力で変えることはできます。怒った事象に対して一個だけの味方絵をするのではなく、少し視野を広く物事を多面的に見ることで、今までとは違った受け取り方ができる様になります。

スルースキルを身に着ける。

自分の改善とはまた違う方向ですが、小言や陰口など聞いても仕方ないことなどを聞く様なことがあった際は、このスキルがあることで余計なストレスを抱えることなく仕事ができる様になります。

無視ではなく、あくまでスルーなので受け答えができてないと、それはまた関係性の悪化につながりますので、お気をつけ下さい。

大事なのは、話は聞きはしてても嫌な内容だったら「受け止めず」「受け流す」ことができる様になるスキルですね、これもあると心強いですよ。

ストレス発散を心がける。

やはり、どうしてもストレスを感じるのが人間ですので、そのストレスに気づいて上手に発散することも大切だと思います。

やせ我慢で「私は大丈夫、ストレスなんて感じていない」とストレスから目をそらすのは、精神的な方で危険が孕みますので、しっかりそのストレスは感じたら認めて、発散する方に力を入れましょう。

趣味なんかがある人は、それに勤しむのもいいですし、気の知れた仲間と話すのが好きなら話に花を咲かせてもいいでしょう。

こんな風にストレスは発散させれる様にしていきましょうね。ストレスを溜めない様に心が絵けるだけでも、日常の過ごしやすさが変わってきます。

ここまでが、自分の頑張りで人間関係に立ち向かう術になります。

その他の解決策。

そん悠長なことを言ってられない!と言う所まで人間関係に疲れ、心身ともに疲弊しきってる可能性もありますよね。

そんな時に上の様な自己改革をしている余裕もゆとりもないかと思います。

そんな時の解決策ですが。

異動を願い出る。

部署などがあるなら、そのストレスになる人と別の場所で働ける様に動いてみるのも、朝仕事に向かう時の気分もだいぶ楽になると思いますよ。

その新しくなった場所では、働きやすく自分の力を発揮して評価されることだってあるかも知れませんよね。

他にも話しやすい人と一緒になったら、毎日の仕事にも会話が出ると気も楽になりますしね。

仕事を辞めて、職場を離れる。

苦しんでまで、今の仕事にこだわらないと生活できないですか?

世の中、仕事は山の様にありますよ、それこそ友人の仕事を思い出してもいいでしょうし、少し身近な人に何の仕事かを聞いてみるのもいいかも知れません。

他人の話は、自分の世界も広がりますから今まで見えてなかった仕事なんかも見えてくるかも知れません。

よく、逃げるのは恥だなんて昭和的な考えを聞くこともありますが、死にたくなる程だったり精神を病むレベルだったりで悩み続けるくらいなら、スパッと切ることもアリですよ。

自分が苦しんで入院生活を送ったとして、その後が苦しいものになったとしても、その相手はそんなこともつゆ知らず幸せに生きていってるわけですからね。

自分にも幸せになる権利があります、幸せになる勇気です!

それでは、今回はここまでですね。

この話が、解決するきっかけになってくれてたら幸いです。

コメント

  1. […] 職場の人間関係が辛い。※過去記事参照 […]

  2. […] それでも、どうしても人間関係に疲れてしまった…なんて時には、こちらの記事をご一読ください。 […]

  3. […] きな原因は人間関係ですね。※別記事にて人間関係の話もしています。 […]

  4. […] ※人間関係についての記事もあるので、詳しくはこちら。 […]

  5. […] 人間関係にお悩みなら、こちらの記事も読まれるのもいいですね。 […]

  6. […] ※この記事参照 […]

タイトルとURLをコピーしました