生活術

[行動力]先延ばしを防ぐ為にも、自分を許す力を大切に[すぐやる]

やろうと思ってたことをやらずに終わってしまった…

そんな感じで、ついつい先延ばししてしまうことないですか?

この原因の一つに完璧主義だから。

[プレッシャー]脱・完璧主義!行動できる人になる方法[不安] 準備をしっかりしていて、計画も抜かりない。 周りから見ても「完璧を求めてるな」 そう思える人いますよね。 しかし、よ...

※この記事参照

と言う原因もあるのですが、他にもあるんです。

それが、自分を許す力「セルフコンパッション」の力ですね。

え?自分に甘い人の方がダメな気がするけど…

そんな謎に迫っていきましょう。

自分を許す力の大切さ

  • 甘やかしたら育たない。
  • 厳しくするのが、将来的にその人のため。
  • 社会人としてのルール

こんな感じのセリフ聞いたことありませんか?

上司なんかがよく言いそうなフレーズですよね。

どうですか、このような環境に居続ける事を想像してみてください。

自分に厳しい人は、自分でもこんな事を自分に言っている状況だと言う事ですね。

失敗を許せない

ミスと言っても色々ありますよね。

  1. 作業(取り組んでる仕事)
  2. 時間(締め切りや待ち合わせ)
  3. 人間関係(報連相や気遣い)
  4. etc…

こうした様々なミスを抱えてしまうのが世の中です。

そんな失敗を許せない自分になってしまうわけですね。

自分へ厳しくするのが想像できないって人は、想像してみてください。

他人にやたら厳しい人が居ますよね?

その人の言葉を自分自身にかけてるイメージです。

  • プライベートの感情を仕事に持ち込まないで。
  • 体調管理も仕事の一つでしょ。
  • 社会人として自覚あるの?

こんな事を言う人いませんか?

そのセリフを自分自身に言い続けてる感じです。

やればできると思い込む

上記のセリフを見てもらえればわかる通りですが。

出来ないのを受け入れるのではなく、非難するだけなんですね。

対策法を考えるのでもなく、ダメなんだと言うばかり。

こんな上で述べた様な言葉をかけてくる人が理解可能なアドバイスをくれますか?

くれませんよね、よくても「がんばれ」位です。

その結果、なんとかしなくては!

やればできるんだ!

と奮い立たせる事しか出来なくなる。

そうしないといけない状況に追い込まれる。

自分に厳しい人は、自分自身でこんな状況に追い込んでしまうんです。

精神的に疲れ果てる

常時こんな状態なわけです。

精神的にも疲れ果ててしまいますよね。

人間、パフォーマンス高く行動できるのは元気な時。

なので、常に疲れたこの状態ではやる気は出ません

結果、先延ばししがちになるんですね。

そして悲惨なことに、脳のリソースも悩みに持っていかれます。

つまり、記憶力なども低下した状態になってしまうんですね。

それで、やらなきゃいけないことを忘れてたり。

それで益々自分を許せなくなってしまったりする訳です。

セルフコンパッション

そうならない為に必要な事が、自分を許せる力な訳ですね。

普通な人なら、他人を許したことありませんか?

ミスをした人に対しても。

「私も昔似た様なことしたもんだよ、へこたれず次に活かしな」

なんて言葉をかけたり。

何かあって悩んでる人にも。

「どうした?色々あるだろうけど無理するなよ。良かったら相談のるよ」

なんて解決への助言をしようとしたりしますよね。

低いとどうなるか

そんなセルフコンパッションの力が低いと起こる問題ですが、

  • 常に言い訳を準備する。
  • やるべきことが出来なくなる。
  • 失敗しない道しか進まない。

こんなものがありますね。

想像してもらうとわかると思いますが、自分を許せない訳です。

そして、それに対して苦しむ訳なので避けようとする心理が働くんですね。

テスト前に部屋の掃除をして、悪くても言い訳をできる様にしたり。

ストレスを抱えることでワーキングメモリを圧迫して、本当にやるべき事に手がつかなくなる。

苦しむことを恐れて、出来る事や確実な事しかしようとしなくなる。

こんな状況に陥る訳です。

高いとどうなるか

これは、逆な感じで想像してもらえれば良いと思います。

失敗をしても自分を許せる力がある訳です。

そのおかげで、挑戦することを恐れずチャレンジ回数が増す。

ミスによるストレスが減り、やるべき事はこなせる様になる。

全力で挑む事ができ、もし失敗しても次に活かせる。

挑戦→失敗→反省→再チャレンジ→成功→挑戦…

この様な感じで、良い感じのサイクルを回せる様になります。

この失敗の部分で活きてくる力という訳ですね。

どうすれば身につくのか

今の自分が好きになれないんです!

そんな方もご安心を、自分を好きになる必要はありません。

許す力ですので。

一番は、友人などがミスした時に声を掛ける言葉を思い浮かべてください。

それを自分にかけるという事が大事な事です。

次に必要なことが、人間誰もが苦しむ事を理解する事ですね。

誰もが同じく感じる感情なんだ、これが人間なんだと知りましょう。

こうする事で、今その時の感情に支配される事を防げます。

最後は、自分としっかり向き合う事ですね。

なかなか自分の内面と向き合えない!

そんな時に活きてくるのが瞑想ですね。

[マインドフルネス]瞑想とはどういうものか[効果] よく勉強をされている方には、当たり前の話になりますが… 一般的にはまだまだ 「怪しい」「宗教じみてる」 なんて、いい...

※こちらの記事参照

  1. 他者への優しさ
  2. 人間性の理解
  3. 自分と向き合う

この3本の柱を整えることを目的にしましょう。

まとめ

そもそもコンパッションとは、思いやりのことですね。

セルフコンパッション、つまり自分への思いやりという訳です。

他人への思いやりのある人間なら、想像できると思います。

それを自分に向けてあげてください。

それが出来ないと、ざっくり言うとこんな事になります。

  • 挑戦できない
  • うつっぽくなる
  • 頭が働かなくなる
  • 言い訳っぽくなる

怖いですね、避けたいところです。

そのためにできることがこちらですね。

  1. 友人にかける様に自分に言葉を掛ける
  2. これも共通の人間性だと知る
  3. 自分と向き合う

と言う事になります。

何かに思い悩んだら、軽く試してみてください。

ゲーム感覚で、自分に声をかける訳です。

「大丈夫かい?誰でも失敗するもんさ、どうすればいいか一緒に考えよう」

そんな感じで、試してみてください。

セルフコンパッション、詳しく知りたいならコチラをオススメです。

ABOUT ME
サクヤ
今までの仕事上で悩んだことを振り返って、読書などで得た知識や経験に基づき、どう解決していけばいいのかを記事にまとめ「LIFE」のカテゴリで発信中。 他にも生活を豊かにする家電などについてを「ITEM」サブスクサービスについても解説していってます。 日々成長と更新中。